バイク 廃車

バイクを廃車にするときの必要な手続き

バイクを廃車にするときに必要なことは排気量によって変わってきます。

 

125cc以下(原付)の場合には市区町村が管轄しているので市区町村の役所に書類を提出し、126cc以上の場合には陸運局が管轄しているので陸運局に書類を提出します。

 

書類としては125cc以下の場合には標識交付証明書とナンバープレート、印鑑があれば行うことができます。

 

その一方で126cc以上(中型や大型バイク)になると陸運支局で手続きを行います。

 

このさいに必要な書類は126cc以上250cc以下では軽自動車届出済証返納届けをもらって記入し、軽自動車届出済証と有効期限内の自賠責保険証明書を持っていけば手続きが可能です。

 

再び乗る場合には再登録用に、軽自動車届出済証返納証明書交付請求書を使って書類を発行してもらいます。

 

251cc以上の場合も同様ですが、書類が異なり自動車車検証と陸運支局でもらえる申請書(OCRシート第3号様式の2)に必要事項を記入します。

 

また手続きとしては同じ陸運局内にある自動車税事務所に、軽自動車税申告書を提出するのを忘れずに行わなければいけません。

バイクを廃車にするときの費用や料金

市区町村での手続きにかかる費用は無料で125cc以下の場合にはお金は必要ありませんが、一方で126cc以上のバイクを廃車にするさいにはやや異なります。

 

書類上の手続きの料金は無料で行ってくれますが、126cc以上250cc以下の軽二輪の場合には一時使用中止を希望する場合には500円の手数料が別途発生します。

 

251cc以上の場合にも同様に書類上の手続きは無料で行ってくれますが、一時使用中止を希望する場合には別途350円の手数料がかかります。

 

なお、強制保険である自賠責保険は有効期限内なら残りの期間に応じて返金されるため、保険会社に解約を申し出て返金可能な残り期間があれば支払った保険料が戻ってきますし、これらの手続きも保険会社が無料で行ってくれます。

 

これらはバイクの廃車を自身で行った場合の話であり、買取業者に依頼した場合には2000円から5000円程度は手数料が発生することもありますが、無料で代行してくれる業者もあります。

 

解体処分をする場合には無料で引き取ってくれるところもありますし買い取りをしてくれるところもありますが、有料で引き取るところもあるので注意が必要です。

廃車したバイクの税金はどうなる?

どの排気量のバイクにしても保有するためには、税金が発生し保有しているタイミングでは支払わなければいけません。

 

このタイミングというのが4月1日時点の所有者になり、つまり4月1日に廃車手続きを行っても所有者に対して1年間の納税義務が発生し納税通知書が送付されることになります。

 

これはすべてのバイクに該当することで注意が必要です。

 

250ccまでは軽自動車税という扱いですので手続きを済ませた段階で納税通知書は来なくなりますが、251cc以上の場合には廃車手続きと税金を納める手続きは異なってます。

 

このため陸運支局内の自動車税事務所に、軽自動車税申告書を提出していなければ納税通知書が送られてくる可能性があります。

豊田市でもバイクの無料出張査定してます↓↓