バイク 買い替え

バイクの買い替えをする時期やタイミング

バイクの買い替えタイミングの時期については、基本的にバイクのコンディションが優れなくなってしまう状態が連続して続いている場合に検討する人が殆どですが、車などと同様に走行距離を基準に考えている方も多くおります。

 

特に今はあまり見かけませんが、2ストロークエンジンモデルであれば走行距離が増えるとエンジン内の問題を抱えるようになり、白煙や黒煙等が多く排出されるようになり、エンジンオイルの減りも早くなります。

 

その場合はエンジンオーバーホールが必要となり高額な費用が発生します。走行には支障ないがどうするか?という事で検討するということになります。

 

2ストローク、4ストローク関係なく、走行距離が多くなればなるほど経年的な問題を抱える事になりますのでエンジン異音、力が弱くなった等、音とフィーリングで判断するケースもあります。

 

他、通勤で近くの駅まで使用という日常使用というケースであると車体コンディションがとても重要になりますので早いサイクルで買い換え検討をされる場合も多く観られます。

バイクの買い替えする走行距離の目安

バイクの買い替えする走行距離の目安としては、2ストロークモデルであれば20000キロ前後、4ストロークモデルであれば40000キロ前後と言われております。

 

ただ、使用しているエンジンオイルを常に高性能オイルを使用している場合等、近年エンジンオイルの高性能化が進んでおりますので高寿命化しておりますのでエンジンの寿命も延びております。

 

走行距離はエンジンだけではなく、タイヤホイルの回転軸(ベアリング)等の経年的な問題で走行中、手押し中に異音が発生したり、手押し時、異常に車体が重くなるという症状が現れます。

 

他にもチェーンの劣化やタイヤ劣化による不調も現れだす時期が冒頭の数値と思って良いでしょう。バイクも車同様に消耗品の塊と揶揄される乗り物です。

 

消耗品を交換する事で使用可能となる場合もありますが、全てのメンテナンスを行うと高額な費用になる場合もありますので、メンテナンスの見積もり等をショップより出してもらって検討する事をお勧めします。

故障バイクを修理するか買い替えるか迷ったときどうする

バイクが故障してしまい修理するか買い替えするか迷う場合は、故障の状況により判断する事をお勧めします。

 

致命的なエンジン焼き付きなどによる場合は、経験者であれば兎も角、自分で手を入れた事のない領域であれば迷わずバイクショップへ見積もり依頼を行う事をお勧めします。

 

始動不良という場合はまずネット上で情報検索を行い、単純なプラグ交換だけやエアーフィルター交換等安価で自分で修理可能な簡単な場合も十分ありますので調べてみるのもお勧めです。

 

自分で手に負えない内容であってもネット上にはたくさんの情報がありますので、愛着があれば尚更ですが、意外と安く直せる場合や方法もあります。

 

車体の状態によって買い替えの検討に入る事をお勧めします。

豊田市でもバイクの無料出張査定してます↓↓