バイク 査定

バイクの査定基準のポイントは?

バイクの査定を受ける際のポイントはまず走行距離です。走行距離が長い場合はエンジンの劣化やベルトなどの部品の劣化が考えられるため、査定に響く事になります。他にも基準になるのが、外装です。

 

外装に傷がついていると見た目が良くないので、買取価格が低くなる可能性が考えられます。

 

また昔のバイクより発売されたばかりの流通が多い方が、ポイントも高くなります。買い手がつかない物はあまり高額の買い取りを期待する事ができません。

 

その為、買い取りをする際には流動性が高い、新型なのかそれともプレミアが付いているような物が喜ばれます。

 

更に旧型の物の場合はエンジンがかかりにくい事もあるので、セルの調子や電装関係に異常が出ていないも確認をされてる点になるため、注意が必要です。

 

この辺りが故障している場合は事前に修理してから買い取りをお願いするほうが良いでしょう。

 

価格が低く買い取りされてしまう可能性が高くなる点にもなるので、よくチェックして下さい。

バイクの査定額を上げるには

バイクの査定額を上げるにはカスタムパーツを利用している場合にノーマルパーツに戻す事から始めましょう。

 

カスタムパーツは見た目にかっこいいと感じて利用されている方が多いものですが、査定にはマイナスになってしまう部分です。ノーマルパーツの方が需要が高く、買い取り価格も上がります。

 

次に上げるためのポイントとして、目に見える範囲の清掃を行うことです。見た目が汚れたままの場合は良い印象を持ってもらう事が出来ないので、自然と買い取り価格が下がってしまいます。

 

きちんとバイクを拭くだけで綺麗になるので、清掃を行うようにして下さい。更に綺麗に見せるためにはワックスを利用する方法もお勧めです。

 

また高額で買い取りをしてもらう為には保存状態も大切になりますので、屋外での保管を行うのではなく、きちんとした屋根付きの駐輪場を利用する様にしましょう。内部に細かなゴミや石などが入ってしまうと故障にもつながるので、注意が必要です。

バイクの査定にかかる時間は?

バイクの査定における時間ですが、高額なバイク程、細かなチェックを行う必要があるので、時間はかかってしまいます。

 

単価の低い場合はチェック項目が少ないため、そこまでかかるありませんが、査定をする項目が多いと予想以上にかかる事もあるので、買い取りを依頼する場合には余裕を持ってお願いする様にして下さい。

 

大体60分以内に終わる場合が多いですが、不具合があったり、エンジンのかかりが悪かったりすると走行テストを行う事もあるので、そのような事になった場合には60分以上要する事がある可能性も考えられます。

 

少しでも短くするために事前に電話やメールで確認をしておくのがベストです。ある程度の目安だけでも聞いておくと良いでしょう。

豊田市でもバイクの無料出張査定してます↓↓