バイク 売る

バイクを売るときの手順

何らかの事情で所持しているバイクを売る時の手順はどんな流れでしょうか。まずは専門店へ持って行き、買取り査定をしてもらいましょう。

 

店では車種や年式、車体番号、走行距離やボディーの色など多くのスペックを確認した後に、不法改造をしていないか、安全基準を満たしたパーツがついているかなどを詳しく確認していきます。

 

車体やパーツの傷具合、サビの度合いなどのマイナス要素になる部分も確認してから買取り金額が決まります。

 

売主がその値段に納得出来ない場合にはここで終了となりますが、査定価格に納得した場合には買取り申込書の記入になります。その後は各種手続きを済ませ、現金を受け取ることでバイクの買取作業は完了です。

 

車検切れや自賠責保険の更新をしていないなどの場合でも出張買取で売ることが出来る場合もあります。

 

動かなくても大丈夫ですから、処分を考えている場合にはまずは買取り査定の依頼をしてみましょう。インターネットで簡単に調べられます。

バイクを売るときに必要な手続き

バイクを売る時の手続きに必要な書類はいくつかあります。

 

まずは車検証です。125cc以下の場合には標識交付書が、250ccの場合には軽自動車届け出済証がいります。

 

そして必ず入っているはずの自動車損害賠償責任保険証明書も用意しましょう。買取をしてもらう際にまだその保険の適用期間が残っている時には払いすぎている期間の差額を返してくれることもあります。

 

更に個人証明書がいりますので免許証やパスポートなどの写真月の身分証明書と印鑑を用意します。

 

バイクを売りたい人が未成年である場合や、売却の契約者と持ち主の名義が違う場合などには電話確認や追加書類がいります。

 

未成年であれば親権者への電話確認が必要ですし、名義が異なる場合には名義人への確認電話もすることになります。

 

買取店が用意した同意書や委任状に記入してもらって提出することが必要な場合も多いので、もしもこういったケースに自分があてはまるのであれば買取り店に予め確認しましょう。

バイクを友達や友人に売るときの手続き

バイクを友達や友人に売る時の手続きは、車で同じことをするのに比べると簡単です。

 

まずは名義変更をするために一度そのバイクを廃車にしなければなりません。譲る人の市町村区の役所に必要書類を持参して、廃車手続きをします。

 

必要なものはナンバーと標識交付証明書、そして印鑑です。廃車手続きが済んだら廃車証というものを貰いますので、書類一色と共に譲ってもらう側に渡します。

 

譲ってもらう側の市町村区役所にいって名義変更をしましょう。

 

この時に必要なのは、有効期限が残っているのであれば自賠責保険証、廃車証、上と証明書、身分証明書、印鑑、軽自動車税申告書並びに標識交付申請書です。

 

その際の手数料やナンバー代などの費用はかかりません。

豊田市でもバイクの無料出張査定してます↓↓